高血圧の食事スタイル※減塩する習慣を

 - 食事

日本人は高血圧の人が多いといわれています。

もちろん遺伝その他の要因はあるのですが、大きな要因として、日本人の食事スタイルが比較的塩分が多いからということがあります。

高血圧は治療もせず放置しておくと、やがて動脈硬化になったり心臓病や脳卒中を引き起こしてしまう危険性が大なのです。

高血圧と診断されたら、なるべくすみやかに専門の医師による指導を受けなければなりません。

白衣の女性

そしてその指導を受けつつ、最も大事といっていいくらいなのは、毎日の食事です。毎日の食事で減塩することが重要なのです。

でも減塩するのは、本当にむずかしいことですよね。

高血圧の人は、1食2グラム、1日合計6グラム未満がベストといわれていますが、2グラム、6グラムがどれほど少ないものなのか、、本当に本当に少ないのです。

そのため、減塩しなくてはと、食事の度に味が薄いな、ぼんやりした味だな、と我慢し続け、そのうちそれも慣れるだろうという作戦でいくのもひとつの手です。

ただ、それよりも、塩分を違うもので代用するという発想の転換をしたほうがストレスなく、長く続けることができるでしょう。

例えば、揚げ物、焼き肉などは、しょうゆやたれでなく、レモンやこしょうなどで食べる、天然のだしをうまく活用して、しょうゆや塩を減らすなど。

それ専門の本などを参考にして、楽しく減塩して高血圧を予防していきましょう。

なお、香辛料を使った食事は減塩に繋がるので効果的です。香辛料については、こちらをご覧ください。

香辛料で高血圧の食事にアクセント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事