高血圧はなぜいけないの?

 - 症状

高血圧という言葉をよく耳にしますが、高血圧がなぜいけないと言われるのでしょう。

それは、高血圧が原因で身体に危険が及んでしまうからです。

しかも、なぜいけないかの1つの理由として高血圧は自覚症状がないのに、身体の中で着実に進行していく恐い病気だからです。

看護師

高血圧とは、最低血圧が90mmHg以上、又は最高血圧が140mmHg以上の場合のことを言います。

血管の壁が厚くなって、硬くなります。それが動脈硬化です。血液の流れが悪く、全身で起こります。

動脈硬化はなぜいけないのかというと、悪化して脳の血管に血液が詰まってしまうと脳梗塞に、脳の血管が破れて出血すると脳出血に、心臓の血管が詰まってしまうと心筋梗塞になります。

高血圧がなぜいけないのか最大の理由がこれです。命に関わる恐い病気を引き起こしてしまうのです。

高血圧には、野菜中心の食事をするといいと言われています。

他にも血液の流れをよくすることで高血圧を防ぐことができます。

高血圧にならないためにも、日常の生活(食事や運動など)を見直し、できることは実行していくことを心がけましょう。

高血圧がなぜいけないのかを考え、少し注意を払うだけで高血圧の症状を抑えることが出来るのです。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事