高血圧の人はサウナでの汗に注意

 - 症状

サウナは健康維持に効果的な方法のひとつです。

体を温めて大量の汗をかいた後、冷水を浴びることで血行が促進されるので、疲労を回復したり、更年期障害や自律神経失調症の改善に効果があるといわれています。

しかし、血行が促進されることは高血圧の人にとってはあまり良いことではありません。

女性

高血圧になると、血液中にコレステロールや中性脂肪が多く含まれてドロドロになっていることが多く、サウナでの大量の汗がさらに血液を濃くするので、動脈硬化のリスクが高くなります。

高血圧は自覚症状のない人が多いですが、健康診断などで指摘をされた場合には、自分の血圧の管理をしっかりと行うことが大切です。

血圧が高めであることをわかっていながらサウナで汗をかき、入浴後には水分補給と称してアルコールを飲んでしまうと、さらに血圧が上昇し体への大きなダメージとなります。

サウナには水を飲んでから入り、入浴中も汗をかいたらこまめに水分を補給し、入浴後にも水を飲むことが重要です。

これによって高血圧を予防し、血管系の病気の発症を抑制する効果があります。

高血圧の人はサウナには入らないほうが良いのですが、どうしても入りたい場合には、かいた汗の分だけ必ず水分を体に補うことで体へのダメージを最小限にすることができます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事