高血圧の原因、塩分を排出する成分とは?

 - 食事

高血圧になる原因の塩分を摂りすぎた時は、カリウムを摂って排出しましょう。

カリウムとは、人間の体には絶対必要なミネラルの一つです。

食塩に含まれるナトリウムという成分の排出を助け、血圧の上昇を抑える働きももっています。なので高血圧の予防にもなります。

カリウムが不足してしまうと、むくみや高血圧の原因にもなってしまいます。

塩分を排出するカリウムが多く含まれる食品は、たくさんあります。

最も多いとされるのがコンブです。

昆布

100gの中に約6000mg含まれています。コンブ茶やコンブ水などで手軽に摂取できます。

野菜では、ほうれん草、きゅうり、かぼちゃ、じゃがいも、さつまいもなどもカリウムが含まれています。

また、バナナ、メロン、キウイなどの果物にも多く含まれています。

ただ、茹でたり、煮てしまうとカリウムは減少します。

焼いたり蒸したり、電子レンジで加熱する調理法で、カリウムを多く摂取できます。

少し気をつけるだけで、普段の食事から塩分を排出でき、高血圧を防げるのです。

健康な人の場合は、カリウムを摂り過ぎたとしても余計な分は、尿として排出されるので心配はないです。

塩分を摂り過ぎてしまった時は、カリウムを多く含む食品をうまく利用し、塩分を排出しましょう。高血圧の予防になります。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事