高血圧@運動の影響は?

 - 運動

高血圧になってしまうのは、加齢などの要因の他に、生活習慣が大きく影響していると言われています。

塩分を摂りすぎの食生活や、睡眠不足、ストレスなどが影響し、運動不足も高血圧の引き金になります。

すでに血圧が高い人が運動をしても大丈夫なのだろうか、と思われるかもしれません。

しかし、高血圧の症状があっても、日常生活を送りながら治療をしている人には、運動を行うことは、高血圧を改善するために良い影響を与えることがわかっています。

ウォーキング 散歩

もともと良くない生活習慣が高血圧の原因になるのですから、運動をあまりしていなかったという人も多いでしょう。

そんな人は、とにかく大きな負担にならない軽い運動から取り入れることが大切です。

犬の散歩や、自転車で近所を散策する、ラジオ体操をするなど、簡単に始めることができるものから行うことが長続きの秘訣です。

このような運動を1日20分を目安に、週に3回から4回行うようにすると、高血圧には良い影響をもたらしてくれるはずです。

高血圧の改善のためにと、最初から頑張りすぎてしまうと、結局長続きをせずに終わってしまいます。

軽い運動は、高血圧だけでなく、生活習慣病全般に良い影響をもたらしてくれますから、是非始めるようにしましょう。

なお、高血圧を改善するには、食事も見直す必要があると思います。

血圧を下げてくれる食品については、こちらをご覧ください。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事