高血圧※遺伝でなる割合が高い?

 - 遺伝

高血圧には、特に原因となる病気があるわけではないのに高血圧になる人と、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があって高血圧になる人がいます。

しかし、前者の場合も、食事での塩分の摂りすぎや、加齢による血管の老化、運動不足、肥満、ストレスなどが関係しているといわれています。

さらに、親が高血圧の人は遺伝により高血圧になる割合が高くなることもわかっています。

遺伝により高血圧になる割合は、両親ともに高血圧の場合は50~60%、両親のどちらかが高血圧の場合は30%前後、両親ともに高血圧でない場合は5%前後と言われています。

ポイント 女性

両親のどちらかでも高血圧の人は、そうでない人と比較して遺伝により高血圧の割合が高くなることを頭に置いておかなければなりません。

しかし、遺伝により高血圧になる割合は高くなるとは言っても、必ず高血圧になるわけではなく、生活習慣に気を付けることで高血圧にならないようにすることもできます。

毎日、適度な運動をすることは高血圧を予防するのに有効で、ジムなどで筋トレなどをする必要はなく、早歩きを毎日70分くらいすることでも効果が得られると言われています。

また、食事では塩分の摂り過ぎに気を付け、過度な飲酒は避け、規則正しい生活を送ることも、高血圧を予防するためには必要です。

遺伝による高血圧の割合だけを気にせずに、健康的な生活を送るように心がけましょう。

なお、おいしい食事を楽しみながら、血圧を抑えていきたい方はこちらをご覧ください。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事