高血圧※朝、だるい場合

 -

朝がつらい、起き上がるのはだるいと感じるというのは、高血圧の人とは関係がない、どちらかと言えば低血圧の人に出やすい症状であると考えられていますね。

しかし、高血圧だからといって、朝がつらい、起き上がるのはだるいと感じることがないというわけではありません。

高血圧の人には、起立性低血圧症という症状が起きやすく、その症状が朝起きるときにだるいと感じさせるのです。

肩こり

起立性低血圧という症状は、寝ている状態から急に立ち上がったり、座ったりしたときに起こります。

体内を流れている血液が重力で下に下がろうとし、それをコントロールして全身に血液を送る働きをする自律神経が追い付かずに、脳が虚血状態(血が無い状態)になってしまうものです。

一瞬、目の前が真っ暗になるように感じることから、立ちくらみとも言われ、めまいやふらつきを伴うこともあります。

高血圧の人は、寝ているときの血圧と、そこから起き上った時の血圧の差が、高血圧ではない人よりも大きくなりやすいです。

また、高血圧の治療のために処方された降圧剤に血管を拡張する作用があり、そのために心臓よりも上に血液を運ぶのが難しくなります。

そのため、朝起きるのがだるいと感じる起立性低血圧の症状が出やすいのです。

起立性低血症を治すためには、生活習慣の改善や食生活の管理をしっかりすることで、高血圧を克服することが大切です。

しかし、朝にだるいといった起立性低血圧症の症状がつらい場合には、かかりつけの医師に相談して、必要に応じて薬を変えてもらうなどしてもいいでしょう。

なお、血圧を下げてくれる食品について知りたい方は、こちらをご覧ください。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事