高血圧※頭痛で痛くなる部位は?

 - 頭痛

高血圧であると、それが原因となって頭痛が起きることがあります。

主に、血圧が上昇することにより脳内の血管が急激に拡張し、神経が刺激され痛みが生じると考えられています。

そして、高血圧が原因の頭痛において、痛くなる部位は多くは前頭部や後頭部です。

女性

もちろん高血圧だと必ず頭痛になるということではありませんが、なりやすいとはいえます。

この頭痛はそれほど心配する必要はなく、まずは高血圧を改善することを考えた方が、遅いようでいて頭痛を改善する近道です。

しかし、痛みがどこの部位に発生するかによって命に係わる危険な病気のサインである場合もあるのです。

その病気とは「高血圧緊張症(高血圧脳症)」というもので、血圧が急激に上昇した結果、脳の血管の働きに異常が起こり、脳が腫れることにより様々な脳障害を起こしてしまっている可能性があるので要注意です。

脳障害では痛みが発症する部位により言語障害や運動障害、麻痺になってしまい、たとえ軽症で回復できた場合でも体に麻痺などの後遺症が残ってしまうことがあります。

思い頭痛に襲われたら、休日、深夜であっても即病院に行き、可能なら、どこの部位が痛むかを医師に伝えましょう。

どの部位を痛むか伝えた方が、対処もしてもらいやすいと思います。

なお、高血圧を改善していくには、食事にも気をつける必要があります。

血圧を下げてくれる食品については、こちらをご覧ください。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事