高血圧の初期の自覚症状は頭痛から

 - 頭痛

高血圧という病気は、特に初期の自覚症状を感じない病気として広く人々に認識されています。

恐ろしいのは、自分自身が高血圧になっていることに気付かずに病状が進行してしまうと、ある日突然命を落としかねない症状を引き起こしてしまいます。

高血圧の小さな自覚症状としては、軽い頭痛やめまい・耳鳴りなどを感じる方も多いようです。

特に後のちになってから、頭痛が自覚症状の発端だったと気付く方が多いため、これらの症状が断続的や頻繁に起こるようであれば、高血圧の初期段階なのかも知れません。

女性

他に思い当たるような高血圧としての自覚症状がなくても、念の為に一度医師の診断を受けた方が良いでしょう。

自覚を感じるかどうかは別として、高血圧症の原因となる頭痛にはいくつかの要因があります。

肩こりや頭を重く感じるなどの状況から頭痛が始まったときには、身体がなんらかの不調のサインを送っていると感じ取りましょう。

耳鳴りや目眩い、吐き気などの症状についても同様で、そこからの派生した場合の激しい頭痛の場合にはしっかりと自覚症状を持ち、高血圧の予防と対策を行いましょう。

早期に発見をし、対策と予防を行うことで健康的な生活を送ることができます。

なお、高血圧を予防・改善していくには、食事に気をつける必要があります。

おいしい食事を楽しみながら、血圧を抑えるコツについてはこちらをご覧ください。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事