高血圧の頭痛が危険な理由

 - 頭痛

寝不足が続いている人は、意外と思われますが高血圧の症状が出ていないか要注意です。

その理由は、人間は眠っている間にリラックス状態になり血圧を下げて落ち着かせていますが、寝不足になっていますと、血圧が下がりきらない状態になってしまうからなのです。

血圧が下がらない状態が続くと健康にさまざまな症状を及ばせ、さらに蓄積されてしまいます。

首こり 疲れ

主な寝不足による高血圧の症状に頭痛が挙げられますが、こちらの頭痛がまず寝不足による頭痛なのか、高血圧による頭痛なのかを見極めることが必要です。

見極めが必要な理由は、原因がわからないと対処が行いにくいためです。

寝不足による頭痛は、ストレスや体の痛みなどに直結して眠りが浅いため、頭痛として不調のサインが出ています。

寝不足の場合はぬるめのお湯につかったり、十分な休息をとったり、寝る前にスマートフォンをいじって脳を覚醒させたりしないように、心を落ち着かせて、自身が眠れる環境を作っていきましょう。

そして本当に怖いのは高血圧による頭痛です。

その理由は、命にもかかわる症状のサインだからです。

高血圧が頭痛を起こす理由は、脳内の血管が膨張して神経を圧迫しているためです。

この場合の頭痛は、脳卒中など命に関わる危険な状態が潜んでいることも考えられます。

高血圧による頭痛※脳疾患と関係している?

高血圧の治療をしている人は、その可能性もあることを理解しておきましょう。

なお、高血圧を予防・改善していくには、日々の食事を見直していく必要があります。その理由は、摂取する塩分や栄養素が血圧に影響を与えるためです。

血圧を下げてくれる食品などをとり、血圧を抑えていきましょう。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事