高血圧による頭痛※脳疾患と関係している?

 - 頭痛

高血圧のほとんどは自覚症状がありませんが、高血圧を長い間放置しておくと、様々な不調が生じてきます。

その中でも代表的なのが、高血圧による頭痛です。

頭痛は高血圧じゃなくても起きるため、その2つは関係ないと思われる方も多いようです。

ですが、頭痛と高血圧の関係は、思っているよりも深く、そして恐ろしいものなのです。

女性

高血圧によって引き起こされる頭痛は、脳内に重大なトラブルが起きてしまっている可能性があります。

たとえば、脳出血やくも膜下出血などです。

それらの病気は、すべて血管が大きく関係しています。

脳出血は高血圧によって脳血管の壁が傷つけられ、破裂してしまうことが原因です。

くも膜下出血は、くも膜の下の血管に動脈硬化や動脈瘤がある場合、血圧の上昇で破れて出血してしまう病気です。

その他には脳梗塞も動脈硬化が原因で起きる脳疾患です。

動脈硬化は高血圧とは切っても切れないほどの深い関係で、そもそもの原因は高血圧と言えます。

このように高血圧で頭痛が起きてしまった場合は、まず脳疾患を疑いましょう。

その頭痛を放置してしまうと、命にかかわることも少なくありません。

以上のように、高血圧と頭痛は関係している場合があります。

日ごろ頭痛を感じ、血圧も高めだと思う人は、血圧を下げるように生活習慣を見直すとともに、一度脳の検査を受けてみましょう。

なお、高血圧を改善するには食事も注意する必要があります。

血圧を下げてくれる食品について、こちらに記載しているので、気になる方はチェックしてみてください。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事