高血圧の薬を減らすには?

 -

高血圧になると、医師から降圧剤という薬を処方されることがあります。

そうすると高血圧がつづく限り薬を飲まなくてはいけません。

ただ、この薬は副作用があることもあると言われているので、あまり飲まないようにしたいですよね。

高血圧の薬とその影響

では、少しでも薬を減らす方法はないのでしょうか。

もちろん薬を減らす前には医師に相談しなくてはいけませんが、半分くらいまで減らせるようにするためには、やはり食事の習慣を変えていかなくてはいけません。

白衣の女性

食事の習慣で一番高血圧に関係してくるのは塩分の量と言われていますが、塩分を減らすことができても、なかなか血圧が下がらないという人もいるようです。

そんな方はぜひ食事の量自体を減らしてみてください。

空腹感に慣れるまでには大変かもしれませんが、高血圧の薬を毎日飲んで副作用があるよりは楽だと思います。

人間には適用能力がありますから、食事の量についても時間が解決してくれるはずです。慣れるまで、少し辛抱してみてください。

そうやって食事の量や内容に注意していけば、薬の量もどんどん減らすことができて、最終的には薬を飲まなくても良い時がやってくるかもしれません。

高血圧の薬を減らすことは、副作用を抑えることにもつながりますので、食事を見直していくようにしましょう。

しかしながら、単純に食事制限を行うのは難しい方もいると思います。

そういった方は、こちらのページを参考にしてみてください。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事