高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?

高血圧は、毎日の食事で下げる効果がある食品がたくさんあります。

体内の塩分を排出するカリウムや、血液の流れをよくするアリシンという栄養成分が効果的といわれています。

カリウムの代表的な食品はバナナやホウレンソウ、昆布、大豆などがあげられます。

また、玉ねぎや、サバ、イワシなどの青魚も血液をサラサラにして血流の流れをよくしてくれるので、高血圧の改善に効果があります。

ホウレンソウ

高血圧のときには塩分を控えるように指導されるのですが、調味料も酢や、レモンといった酸味を加えた食事は食欲も出ますし、少量の塩分でも味が引き立ちます。

これらの血圧を下げる効果のある食材を組み合わせた食事メニューを紹介すると、例えば、酢玉ねぎとか、トマトの酸味を生かした豆スープなども食べやすく、簡単に調理ができます。

イカやエビのトマトいためなどもおいしそうなメニューですね。

ただ、高血圧を下げることだけを考えながら食事をしていても、栄養バランスが悪くなったり、かえってストレスになったりしてよくありません。

また、血圧を下げる効果がある、といって一つの食材を食べ続けることもよくありません。

他の病気を引き起こしてしまっては元も子もありません。

食事は毎日の楽しみでもありますので、無理をせず、美味しく食事をとるようにしましょう。

なお、食事療法だけではなかなか厳しい、手軽な方法で高血圧を治していきたいと感じている方は、サプリメントがおすすめです。

高血圧におすすめのサプリメントを知りたい方は、こちらをご覧ください。

高血圧の改善!サプリメントがおすすめ


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事