高血圧の食事※味噌汁は悪いの?

 - 食事

日本人は味噌汁が好きな人が多いですよね。

好きな人が多いだけあって、一日の食事に味噌汁が出てこないこと日はないという人もいるでしょう。

そんな口にする機会の多い味噌汁ですが、塩分が高いイメージから高血圧の人には良くないと思っているかもしれません。

もちろん、味噌の入れ過ぎなどで塩分が高くなっている味噌汁もあるかもしれませんが、一般的には味噌には血圧を下げてくれる調節物質が入っていると言われているのです。

お味噌汁

これには驚く人も多いかもしれませんね。

味噌は大豆を含んでいて、その大豆たんぱく質がペプチドに変化した時点から高血圧抑制効果を発揮し始めるのです。

そして味噌汁が高血圧に効果があると言われるもう一つの理由が、味噌汁の具にあります。

味噌汁は具だくさんにした方が良いのです。

食事としても成り立ちますし、何より味噌汁の代表的な具が高血圧予防になるのです。

例えば、ワカメなどの海藻やキノコ類、野菜にもカリウムは多く含まれています。

この、カリウムには余分な塩分を身体から排出してくれる作用があるので、塩分の高い味噌汁にはうってつけという訳です。

食事としても満足のできる具たくさん味噌汁を、ぜひ毎日の食事に取り入れるようにしてみてください。

なお、高血圧でも美味しい食事を楽しみコツについては、こちらが参考になると思います。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事