高血圧と慢性腎不全@食事で気をつけたいこと

 - 食事

慢性腎不全とは、腎臓の機能が3分の1以下になってしまった状態のことを言います。

腎臓の働きが低下し、老廃物や水分を排出できないばかりではなく、進行と共に多くの合併症を起こしてしまう恐ろしい病気です。

慢性腎不全の合併症の中でも多いのが、高血圧です。

腎臓内の血液が減ってしまうことにより、高血圧になってしまうのです。

白衣の女性

そして、高血圧になることにより、さらに腎臓への負担がかかってしまうという悪循環となります。

慢性腎不全になってしまうと、完全に改善させることはできません。

ですが、毎日の食事により、悪化を防ぐことは充分に可能です。

食事以外にも薬物治療や生活習慣の見直しも必要ですが、やはり一番効果があり、簡単に始められるのは食事療法でしょう。

慢性腎不全の進行度によって、食事の制限は変わってきますが、全体的に言える大切なことは塩分とたんぱく質の制限です。

塩分の制限は、高血圧の場合によく言われますよね。塩分は1日6g未満におさめましょう。

高血圧の予防@塩分のコントロールはなぜ必要?

たんぱく質は体にとって大事な栄養素ですが、腎臓に負担がかかってしまいますので、慢性腎不全の方は過剰な摂取は禁止されます。

ですが、たんぱく質を制限しすぎると、カロリー不足になってしまうことが考えられます。その分、糖質や脂質などでカロリーを補ってあげましょう。

なお、高血圧でもおいしい食事を楽しめるコツは、こちらです。慢性腎不全の方も活かせる所があると思いますので、参考にしてみてください。

高血圧@おいしい食事を食べるためのヒント


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事