高血圧の原因は日本の食事?

 - 食事

日本人に、もっとも多い病気として「高血圧」があります。

皆さんも、一度は「高血圧」を耳にした事があるのではないでしょうか。

また、あなたの身の回りにも、高血圧に悩んでいる方もいるのではないかと思います。

現在、日本では、4000万人以上の方が高血圧と言われています。3人に1人の日本人は、高血圧で悩んでいるという事になるのです。

そして、年齢が上がる程、高血圧になりやすいです。

さて、どうして日本人は高血圧になりやすいのでしょう。

それは、高血圧になる原因が、日本の食事と関係があると言われております。

日本人の食事は、他の国に比べると塩分の摂取が多いのです。

普段食べている食事を思い出してみましょう。味噌汁に漬物に醤油と日本の食事は、高血圧の原因になる塩分が多く含まれているのです。

食事 和食

塩分の摂り過ぎは、他の病気の原因にもなる事が多いので、食事のメニューも考えましょう。

高血圧の原因には、食事の他に遺伝や生活習慣にあるといわれています。

肥満やたばこを吸い過ぎることや、過剰なストレスに運動不足と普段の生活が、高血圧の原因になっている事もあるので気を付けましょう。

高血圧自体は、はっきりわかる自覚症状がありませんので、定期的な健康診断をすると良いでしょう。

なお、高血圧改善におすすめ食品については、こちらをご覧ください。

高血圧を食事で下げる方法※どんな食品がいいの?


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事