顔にほてりを感じたら高血圧症?

 - 症状

熱があるわけでも風邪をひいているわけでもないのに、顔にほてりを感じるという場合、高血圧症である可能性があります。

高血圧症になってしまうと血管が圧迫されてしまうので、血液がスムーズに流れなくなってしまい、顔のほてりを感じる場合があります。

女性

高血圧症とは、上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上であるということが、キープされた状態のことをいいます。

高血圧症となってしまうと、直ちに体になんらかの影響があるというわけではありません。

しかし、高血圧症の状態が改善されないと、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。高血圧は症状の表れないものであるとして有名で、サイレントキラーとも呼ばれています。

高血圧症になってしまっているにも関わらずそれに気づかないままでいると、動脈硬化を起こし、心臓病や脳卒中などの病気を引き起こす可能性があるからです。

そこで、顔のほてりを見逃さないことが大切であるといわれています。

顔にほてりを感じると、そのすべてが高血圧症であるというわけではありませんが、高血圧症である可能性を考えることができます。

高血圧症を早く発見するためには、日頃から血圧を測ることが大切です。家庭用の血圧測定器は、ドラッグストアでも購入することができます。

顔のほてりにも注意することによって、血圧を下げるような生活習慣を心がけましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事