高血圧が原因で起こるほてりや動悸

 - 症状

風邪などをひいたわけでもお風呂上りであるわけでもないのに、ほてりを感じるという場合、高血圧となってしまっている可能性があります。

血圧が高くなって血管を圧迫すると、ほてりという症状が表れる場合があります。

これは、血液がスムーズに流れなくなってしまっているからです。

したがって、心当たりがないにも関わらずほてりを感じるという場合には、高血圧症を疑うようにしましょう。

女性の更年期障害のひとつとして、ほてりを感じる場合があります。それも、更年期による高血圧が原因であると考えられています。

また、激しい運動をしたわけでもないのに、動悸を感じるという場合にも、高血圧の可能性があります。

女性

動悸とは、心臓が通常よりも早く脈打つことをいいます。

高血圧となって血管が圧迫されてしまうと、血液がスムーズに流れなくなってしまいます。

心臓は血液をからだ中に送るはたらきをしているので、スムーズに流そうとたくさん動くようになってしまいます。

それによって動悸が起こり、息苦しく感じてしまうことがあります。

これらのことから、ほてりや動悸を感じたら高血圧のサインである可能性があります。

高血圧は見た目には分かりにくい症状ですが、放置してしまうと怖い病気を引き起こす可能性があります。

したがって、ほてりや動悸を感じたら、血圧を下げるような生活習慣を心がけましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事