高血圧を放置するとどんな病気になるのか?

 - 症状

体に起こる症状の中でも、放置しがちになってしまう症状のひとつが、高血圧です。

健康診断などで血圧を測った際に、高血圧気味であったとしても、特に気に留めることもなく放置をしてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれることもあるほど、放置すると怖い症状のひとつです。

看護師

高血圧が「サイレントキラー」と呼ばれる理由としては、症状がないにも関わらず放置してしまうと、重大な病気を招く原因となってしまうからです。

高血圧を放置することによって引き起こされる病気で多いのが、血管系の病気です。

血圧が高くなって血管が圧迫されることによって、動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になります。

そのため、高血圧を放置したことによって、重大な病気を引き起こしてしまい、突然死を招いたというケースが後を絶ちません。

「ヒートショック」と呼ばれる症状も、日頃から高血圧であったのにも関わらずそれを放置したことによって引き起こされている可能性があります。

高血圧を放置しなかったからといって、命に関わる重大な病気を完全に防ぐことができるわけではありませんが、そのリスクを減らすことができます。

したがって、高血圧と分かった時点で放置することなく、生活習慣を見直し改善することが大切です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事