高血圧を放置すると高まるリスクとは?

 - 症状

高血圧とは、上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上の状態をいいます。

ただし、一度この数値を記録してしまったからといって、直ちに高血圧であるとは限りません。

血圧を高くキープしているという状態が、高血圧であるといわれます。

看護師

高血圧そのものは、なにか重大な病気であるというわけではありません。

血圧が高くなってしまうというのは、誰にでもありえることです。

しかし、高血圧の状態を放置してしまうと、重大な病気を引き起こすリスクが大きくなってしまいます。

では、高血圧を放置しておくと、どのような病気を引き起こすリスクがあるのでしょうか。

高血圧とは、血管が圧迫されている状態です。そのため、高血圧を放置すると血管系の病気を引き起こすリスクが高まります。

血管系の病気といえば、心臓病や脳卒中、脳梗塞など様々です。

したがって、高血圧を放置すると突然死を引き起こすリスクが高まるということがいえます。

「お風呂で突然倒れてしまった」ということを耳にすることはありませんか。

これも、高血圧を放置してしまったことによって、血管系の病気のリスクが高まったことを原因とすることが考えられます。

したがって、突然死のリスクを減らすためにも、日頃から血圧に気を付けることが大切です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事