高血圧は、夏になりやすいのか?それとも冬?

 - 症状

「高血圧になりやすい季節は?」という質問をされると、「冬」と答える方が多いのではないでしょうか。

実際に、冬は誰もが高血圧になってしまう季節です。

女性

それは、冬を迎えることによって、寒さを感じることで血管が収縮されてしまうからです。

血管が収縮されると圧力がかかってしまうので、高血圧となってしまいます。

「お風呂場で急に倒れて救急車で運ばれた」という事例を多く耳にするのは、冬ではないでしょうか。

では、夏はまったく高血圧にならないということでしょうか。

夏でも、十分に高血圧になってしまう可能性があります。

ただし、暑いからといって高血圧になるというわけではありません。夏の場合には、結果的に高血圧になってしまうという場合が多いです。

どういうことかというと、夏は暑いので汗をよくかくようになります。

しかし、それだけでは高血圧になるわけではありません。

汗をかくことによって、水分とカリウムが体の外へと排出されてしまい、それらを補わないことによって引き起こしてしまいます。

水分を補給しないと血液の巡りが悪くなってしまい、血管を圧迫してしまうので高血圧となってしまいます。

また、カリウムには細胞の浸透圧を調整するはたらきがあるので、それが足りなくなってしまうと圧力が高くなってしまい、高血圧となってしまいます。

したがって、高血圧になってしまう可能性が高いのは、冬でも夏でもありえるといえます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事