夏でも注意すべき高血圧

 - 症状

高血圧は、冬になると引き起こされるイメージのある症状のひとつです。

実際に、冬になると、外気が寒くなることによって血管が収縮され、高血圧となってしまいます。

したがって、夏よりも冬の方が、突然死している人が多いというイメージもあるのではないでしょうか。

しかし実は、暑い夏でも高血圧を原因とした突然死のケースというのがあります。

しかも、高血圧を原因として引き起こされる病気のひとつである脳梗塞は、冬よりも夏の方が多いといわれています。

シニア 老人 高齢者

では、どうして寒くない夏でも、脳梗塞に注意しなければならないのでしょうか。

それは、夏はたくさん汗をかくからです。

水分が体の外へ出ていってしまうと、血液がうまく運ばれなくなってしまい、血管を圧迫してしまいます。

そのことにより、高血圧となってしまいます。

高血圧にならないようにするためには、水分補給に注意することが必要です。

水分補給に注意をし、脱水症状にならないようにすることによって、夏でも高血圧にならないようにすることができます。

また、高血圧にならないように注意するために、毎日血圧を測るようにするということも効果的です。

自分の血圧がどれくらいなのか知っておくことによって、日々の生活を注意することができるようになります。

家庭用の血圧測定器でも、十分血圧を測定することができるので、高血圧にならないように注意するためにも、夏でも測定を行うようにしましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事