高血圧になりやすい冬に注意すること

 - 症状

冬になると、高血圧になりやすいと言われています。

シニア

実際に、毎日血圧を測るようにしている方で、冬になると高血圧気味になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冬になると高血圧になってしまう理由として、血管の収縮があります。

冬になって外気を寒く感じると血管が縮まってしまうので、その分だけ圧力がかかります。

そのため、高血圧となってしまい、脳卒中や心臓病などによる突然死が増えてしまいます。

高血圧になってしまうと、突然死をしてしまうリスクが上がってしまうので、冬場は特に血圧があがらないように注意することが必要です。

では、どのようなことに注意をすれば、冬場に高血圧にならないようにすることができるのでしょうか。

まず、室温の調節を行うようにしましょう。

冬になると、暖房器具をつけて部屋を暖かくするというのが一般的です。しかし、部屋によって暖かい部屋と寒い部屋があるという場合があります。

急に寒くなって血管が収縮してしまうので、一気に高血圧となってしまいます。

特にお風呂に入るときには注意が必要です。

したがって、室内の温度調整をしてから過ごすように注意しなければなりません。

そして、冬で寒いからといって、運動不足にならないように注意しましょう。運動不足になってしまうと、どうしても血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪いと血管を圧迫してしまうので、高血圧となってしまうことがあります。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事