高血圧による不整脈※治療が必要

 - 症状

不整脈とは、心臓のリズムが一定でない状態のことをいいます。

したがって、動悸がするなどの症状も不整脈のひとつである可能性が高いです。

不整脈であるからといって、すべてが直ちに治療を行わなければならないわけではありません。

それは、不整脈といっても、治療をしなければならない不整脈と、治療をしなくても良い不整脈があるからです。

治療をしなければならない不整脈のひとつとして、高血圧を原因とする不整脈があります。

看護師

血圧が通常よりも高めである高血圧である場合、不整脈を引き起こしてしまうことがあります。

高血圧による不整脈を引き起こしている場合、命が危険にさらされてしまうケースがあるため、高血圧による不整脈である場合には、治療をしなければなりません。

高血圧による不整脈である場合、命が危険にさらされてしまう原因として、血圧が高いことによって血管が収縮され、心臓に負担がかかってしまいます。

血管が収縮されると血管がつまってしまい、結果として動脈硬化を引き起こしかねません。

心臓病だけでなく脳梗塞などの病気を引き起こす危険があります。

したがって、高血圧を原因として不整脈を引き起こしている場合、そのままにしておくと突然死をしてしまうというケースもあります。

そのため、まずは高血圧を改善することが大切です。高血圧は、毎日血圧を測って血圧の管理をしましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事