高血圧を原因とする不整脈とは

 - 症状

不整脈とは、脈のリズムが一定でないことをいいます。

不整脈でも、治療をしなければならない不整脈と、治療をしなくて良い不整脈があります。

高血圧を原因とする不整脈の場合、治療をしなければならない不整脈である可能性があります。

それは、高血圧を原因とする不整脈が、高血圧であることによって血管や心臓に負担がかかっている可能性があるからです。

白衣の女性

したがって、高血圧を原因とする不整脈である場合、高血圧を改善することが大切になります。

不整脈の原因が高血圧であるのかどうかを調べるには、病院に行かなければなりません。

それは、高血圧症であるということも、病院で診断されるものであるからです。

しかし、血圧が高い方なのかどうかということは、自身でも調べることができます。

高血圧症とは、血圧を何度測っても上の血圧が140mmHg以上で、下の血圧が90mmHg以上ある状態のことをいいます。

したがって、定期的に血圧を測定したところ、高血圧症である可能性が高く不整脈を起こしている場合、高血圧を原因として不整脈が引き起こされている可能性があります。

その場合、血圧を下げる努力をしなければなりません。

高血圧は不整脈だけでなく様々な病気の原因となるので、普段から血圧を測るようにし、注意しなければなりません。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事