眠いのは高血圧の薬が原因?

 -

高血圧の人が飲む薬を降圧剤といい、血圧を下げる為に服用する薬です。

この降圧剤にはいろいろ種類がありますが、どれも間違った飲み方をしたり、仕様を守らなければ危険だということです。

高血圧の人の多くが処方されている降圧剤が「カルシウム拮抗薬」です。

血圧の上昇を抑える作用がありますが、眠気の他にも動悸や頭痛などの副作用があります。

ポイント 女性

注意したいのはグレープフルーツを食べてはダメということです。

薬の効果が増大し、異常なほど血圧が低下し危険を伴います。

高血圧の薬の作用で眠いのは、脳へ血液が回らなくなったり、自律神経のバランスが崩れることが原因ではないかと言われています。

また眠くなるほど、降圧剤の作用が強いということです。

眠いだけでなくだるさを感じたり、1日中眠い状態が続くこともあります。

降圧剤は高血圧を一時的に下げるものです。

長期の服用は、認知症や白内障などの病気を引き起こす可能性があるとも言われています。

薬を服用して眠いのは、自分の意思とは関係なく起こることです。

薬を服用したときは眠い症状が出てしまう可能性があるので、車の運転は避け、注意しなければなりません。

薬に頼ることなく高血圧を改善していくのが1番の方法です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事