高血圧は、なぜ減塩が必要なのか?

 - 食事

高血圧の人は、塩分を過剰摂取している可能性が高いです。

なぜ減塩が必要なのでしょう。

一般の人が1日に摂取する塩分は男性が8.0g未満で女性が7.0g未満がいいと言われています。

塩

しかし実際は、1日の摂取量以上の塩分を摂取している人が多いでしょう。

なぜ減塩しなければならないのかというと、塩分を摂り過ぎてしまうと様々の症状が出てくるからです。

のどが渇いたり、血圧が上がったり、むくんだりします。そしてその結果、高血圧になってしまうからです。

なぜ減塩すると、高血圧を防ぐことができるのでしょう。

高血圧の人が塩分を1日6~8g減らすと、約20%の血圧が下がることがわかっています。

なぜ減塩することが必要なのか一目でわかります。

また肥満体質の人も高血圧になりやすいので、改善するには運動(有酸素運動)が効果的です。

無理をせず自分のペースでやりましょう。

高血圧は、血圧が上昇するだけでなく、ひどくなると恐い病気にもなりやすくなります。

高血圧の人はなぜ減塩しないとダメなのかを自分自身でよく考えましょう。

塩分を多く含むお菓子やインスタントラーメンやみそ汁の汁は控えたり、野菜中心の食事を食べたり、外食はなるべくしないようにしましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事