糖分は高血圧になりやすい原因の一つ

 - 食事

高血圧になる原因は塩分というイメージを持っている人が多いですが、糖分を摂り過ぎても高血圧になってしまう可能性があるのです。

お菓子やケーキなどに多く入っている砂糖は、短時間の内に体内で分解吸収されるので、血糖値を上昇させてしまいます。

そして、過剰摂取してしまうと糖分は脂肪として吸収され、肥満体質になってしまうのです。

ポイント 女性

高血圧になりやすくなるだけでなく、動脈硬化になる原因となります。

高血圧の原因ともなる糖分を多く含むものとしては、ご飯や麺類はもちろんですが、インスタント食品のラーメンや焼きそばなど、お菓子類ではケーキや大福アイスクリームなどがあげられます。

バナナやぶどう、柿などの果物や白米にも糖分が多く含まれています。

糖質制限食という糖分を控えた食事療法もありますので、無理をせずに糖分摂取を減らすこともできます。

疲れた時に甘いものが欲しくなったり、間食についつい食べたくなったりします。

菓子パンやケーキやシュークリームなどの洋菓子には砂糖の他にもバターや玉子や生クリームなどのコレステロール含有量の多いものばかりです。

これらも原因の1つです。

量を決めて食べ過ぎないようにしましょう。

糖分の摂りすぎは、高血圧になる原因になってしまうので注意してください。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事