高血圧と低血圧の治療について

高血圧もですが、低血圧でも治療が必要になる場合があります。

高血圧の場合、早めの治療が必要になってきます。

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれ、放置すると他の病気を併発し、命の危険に及ぶこともあるからです。

ポイント 女性

高血圧は何科で治療してもらえるか、という疑問がまずあると思います。

これは一般的な内科でも治療してもらえます。

この他にも、循環器内科や腎臓内科、神経内科、あるいは内分泌代謝内科といった診療科があれば、そちらでも対応してもらえます。

病院に行ってもすぐに薬が出るわけではありません。

まずは生活習慣の改善を指導されます。

これも治療の一環です。

これは、どの程度高血圧の状態が進んでいるかによって、期間が変わってきます。

この期間に高血圧の改善が見込まれないようであった場合、薬が処方され、投薬治療と生活習慣指導が始まります。

低血圧の場合、高血圧のような治療はありません。

しかし、低血圧は様々な不快な身体症状があらわれる疾患です。そういった場合はやはり内科、更にいうなら循環器内科を受診します。

また、低血圧の場合、自律神経の働きがうまくいっていないこともあるので、その場合は神経内科も選択肢に入ります。

しかし、最初は内科を受診し、そこから各専門医に紹介してもらうのが良いでしょう。

低血圧も、生活改善をするのが症状を改善する近道です。

ですが、無理をしないことを心がけましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事