高血圧での通院頻度

高血圧で通院を始めると、どのくらいの頻度で通院すればいいのかと、不安になってしまう患者さんもいらっしゃるでしょう。

仕事をしながらだと、なかなか時間が取れないので、通院の頻度もどのくらいになるのかと思うと、二の足を踏んで通院を諦めてしまう方も中にはいらっしゃいます。

高血圧の場合、他の病気に比べると、通院の頻度はそこまで多くありません。

また、通院頻度は、高血圧の度合いによって様々に変わってきます。

白衣の女性

まず、どのくらい血圧のコントロールができているかによっても通院の頻度は異なります。

例えば、喫煙の習慣がある方でしたら禁煙をする、塩分の濃い食事を日常食べている方でしたら、減塩をするといったように、自分で生活習慣を変えていきます。

生活習慣の修正を3ヶ月続けて、高血圧が改善されないようであれば、降圧剤が処方されて、生活習慣指導と薬物療法での治療が始まります。

軽度の場合はこういった流れですが、中度の場合、1ヶ月で改善できなければ薬が処方されます。

重度の場合すぐに薬が処方されます。

ですから、通院頻度はこのくらいとは、高血圧の場合はいえないのです。

病院でできることは、一時的に血圧を下げる薬を出すことだけです。

高血圧を改善するためには、患者さん自身の意思と、生活習慣を変える努力が必要なのです。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事