高血圧の方向けの卵焼きの作り方

 - 食事

卵焼きといえば、行楽やイベント、コンビニのお弁当などには必ず入っていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、食べてみると分かるとおり、意外にも塩分がしっかり入っていて、高血圧の方には厳しい食べ物です。

そこで、今回は塩分控えめの卵焼きの作り方を考えてみます。

だしをしっかり効かせることが塩分を控えることに繋がります。

女性

高血圧の方が食べても、そうでない方が食べても、だしが効いていると、塩分を控えていても味がしっかりしているように感じられます。

醤油や塩で味をつけるのではなく、だしや、だし醤油を使って味をつけるのがポイントです。

元々塩味が付いている食材を、卵液に入れることも効果的です。

しらす干し入りの卵焼きや、味付け海苔を巻きこんだ卵焼きは、食材の持っているだしの味の他にも、塩分や風味が感じられるので、塩や醤油をたくさん使わなくて済むので、高血圧の方向けです。

特に海苔は高血圧に良い成分が含まれているので、積極的に取り入れていきましょう。

香味野菜を卵焼きに刻んで入れるのも目先が変わって良いです。

例えばネギを入れることで、疲労回復効果や、高血圧には効果が嬉しいカリウムなどの摂取を期待できます。

何より風味をつけることで、味の変化が起こり、減塩の効果を見込めます。

卵焼きひとつ取っても、こういった様々な減塩の工夫をすることができます。

ぜひ、他の料理にも役立ててみてください。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事