高血圧の方が生活で気をつけるべき注意点

高血圧になると生活する上で様々な注意点が出てきます。

普通の血圧の方と高血圧の方では、生活に色々なところで差がついてしまうのです。

例えばこんな注意点があります。

女性

お風呂では長湯をしないという点です。

生活の疲れを癒やすお風呂は、気持ちが良いのでつい長湯したくなりがちですが、高血圧の方には過度の長湯は禁物です。

大体37~40度のお湯に10~15分くらいが理想と言われています。

外食は塩分が多いことはよく知られている事実です。このため、生活していくうえでは難しいですが、最高でも1日1回に留めるといった注意点が挙げられます。

高血圧を和らげる成分を食事でとるといったところに注意点を向けることも大切です。

タンパク質は魚や大豆(腎不全等の病気がない場合)から、カリウムは野菜から、カルシウムは乳製品や小魚から、マグネシウムは海藻、ごまなどから取るようにするのも注意点として挙げられます。

高血圧の方の場合、脂質は動物性、肉類からのものを避け、魚や植物性のものからとるようにしていくのも注意点のひとつです。

この他にも、生活上難しいことですが、いきむ動作を避ける、ストレスをなるべく抱え込まない、睡眠時間はしっかりと確保する、といったことにも注意の目を向ける必要があります。

そして、喫煙している方は、出来ればぜひ禁煙しましょう。

また、お酒は飲み過ぎないよう、ビール大瓶1本程度に留めるようにしましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事