性格や行動パターンも高血圧に関係する

高血圧は食事や遺伝的要素が大きく影響しますが、こればかりでなく性格や行動パターンによってもなりやすさに違いが出てきます。

ストレスを溜めることで高血圧になりやすいように、性格、行動パターンよって精神面にも影響が現れるからです。

中でも俗に言うA型行動パターンの人というのは、生活の中でストレス反応を強く起こしやすいため、高血圧ひいては心臓病にもなりやすいと言われています。

メンタル面でも高血圧に気を配っていくのであれば、どういった行動パターン、性格が良くないのかということもしっかり把握し、改善すべき点を心得ておくことが必要です。

高血圧に悩む人で、攻撃的で競争心が強い、時間に厳しい、目標達成衝動が強いといった性格であったり、早口、多動、食事のスピードが速いといった行動パターンに当てはまる場合は、これを改めていくようにしましょう。

ポイント 女性

神経質やせっかちといった性格であると何をするにも気忙しくて神経が休まりませんし、何気ないことでも大きなストレスを感じやすくなります。

毎日のちょっとしたイライラ、ストレスが積もり高血圧に影響を及ぼすに至るため、心を広く、何事にも大らかに臨むように心がけましょう。

こういったことを気に留め改善していくだけでも高血圧改善には良い影響が期待できます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事