咳止め薬は高血圧に悪影響

 -

咳の問題を解決するために活躍してくれる咳止め薬ですが、この有効成分の多くは高血圧に悪影響を及ぼします。

血圧を高める作用を持ったものがほとんどなので、高血圧の人は例え咳が苦しくとも市販の咳止め薬の利用は避けなければなりません。

副作用無く利用できる薬として漢方の利用を考える人もいるでしょうが、葛根湯なども黄麻という成分が血圧を上昇させる作用を持つので良くありません。

特に高血圧の薬を利用している人は飲み合わせの問題などもあるので、素人考えで市販の咳止め薬を使用することの無いようにしてください。

白衣の女性

高血圧の人が咳に悩む場合には、医師に相談し薬を処方してもらいましょう。

高血圧に影響のない咳止め薬を処方してもらえるので、咳と高血圧両方において安心して薬を服用できます。

市販薬の中には高血圧用の咳止め薬もありますが、やはり医師に症状に合った薬を処方してもらうのが一番です。

忙しくてどうしても病院に行けないという時には利用をしても良いですが、その際もきちんと薬剤師に相談をするようにしましょう。

高血圧の薬を服用している場合には、どんな薬を飲んでいるかをお薬手帳を持参して説明することも忘れないようにしてください。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事