高血圧の薬の副作用で咳き込むこともある

 -

日常の生活の中では様々な原因で咳き込むことがありますが、高血圧の薬を飲んでいる人の場合、その副作用で咳き込むことがしばしばあります。

風邪を引いているわけでも無いのに咳が続く、痰が絡まない空咳が続くという場合には、高血圧の薬の副作用の可能性が高いです。

女性

これを知らずに咳が続くからといって勝手に咳止め薬などを飲んでしまうと、今度はその薬の副作用で高血圧が悪化することもありますから、自己判断で薬を飲むようなことは絶対にやめましょう。

高血圧の薬を飲んでいる人の場合には、第一に医師に相談をすることが大切です。

自宅で症状を抑えたい際には、部屋の加湿やマスクなどで対処をするようにしましょう。

高血圧の薬は様々な種類があるので、合わない場合には別の薬を処方してもらうことができます。

咳き込むことと高血圧は一見関係が無いことに思えてしまうので症状を医師に話しそびれてしまうこともあるかもしれません。

しかし、どのような薬でも人によってどのような副作用が出るかは違いがありますので、気になることは何でも相談することが大切です。

夜ずっと咳き込むせいで眠れないといったことが続けばストレスや睡眠障害などを引き起こしてしまうこともありますから、こういった事態を引き起こさないためにも医師にしっかり相談しましょう。

まずは高血圧の薬で咳き込むこともあるという知識をしっかり理解しておいてください。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事