高血圧の人は咳止め薬の成分にも気を付けよう

 -

風邪や喉の調子で咳が止まらない場合、咳止め薬を利用したくなるものです。

しかしこの咳止め薬に含まれる有効成分の中には高血圧に悪影響を及ぼすものも多いので、血圧が高め、高血圧の治療を受けているという人は注意しましょう。

特に降圧剤などの薬を服用している人の場合は他の薬との飲み合わせを充分配慮する必要があるので、咳止め薬についても成分をチェックし、問題が無いかどうかをよく確認するようにしてください。

基本的には、高血圧の人は市販の咳止め薬は利用しないのがベストです。

白衣の女性

漢方を使った生薬製剤は副作用が無いとも言われますが、高血圧に影響を及ぼすものもあるのでやはりこちらも利用しない方がベストです。

親しみのある漢方として咳止め薬に葛根湯を利用する人は少なくありませんが、これも血圧を上昇させる黄麻という成分が入っているので高血圧の人には良くありません。

最も良いのはかかりつけの医師に相談をして高血圧に影響のない咳止め薬を処方してもらうことです。

それが難しい場合には、薬局で薬剤師に相談をしてみましょう。

市販薬の中には高血圧用の咳止め薬もあるので、店頭で扱っていればそちらを紹介してもらえるので、咳が辛い時にも安心して利用できます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事