高血圧は入浴の方法次第で下げることができる

入浴はヒートショックを発症しやすい行為です。

居室と浴室の温度差、脱衣、お湯の温度などすべての動作が血圧を上げる行為につながっています。

高血圧の人は、ちょっとしたポイントを押さえておくことが必要です。

女性

正しい入浴方法を実践すれば、高血圧でも血圧を下げる効果が期待できます。

まず、温度差を解決することです。

特に冬場には暖房が入っている居室と脱衣場や浴室との温度差はかなりあります。

脱衣場には暖房器を導入する、浴室は入浴前に湯船のふたを開けておくだけでも高血圧対策として有効です。

お湯の温度次第では血圧を下げる効果が得られます。

しかし、熱いお湯が好きだからと冷えた体をいきなり熱いお湯に浸けるのは、高血圧の人にとっては危険です。

熱いお湯に長時間つかると心臓に負担がかかり、血液がドロドロになりやすくなります。

血圧を下げる効果があるのは37度から40度くらいです。

洗い場でお湯を浴びて体をある程度温めてから、少しぬるめのお湯に長め目の時間浸かるほうが血圧を下げる効果があります。

うっすらと汗ばんで心臓がバクバクしない程度が目安です。

お湯につかって温まった状態を長く維持するには、入浴剤を用いるのも効果的です。

そして入浴の前後には必ず水分補給をすること、飲食後2時間、飲酒後には控えることも高血圧を下げるためには重要です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事