高血圧対策※生活習慣を見直して血圧を下げる

食生活のバランスの乱れは高血圧などの生活習慣病のリスクを高めます。

女性

食材をバランスよく取り入れ、調味料を工夫して塩分濃度を下げる食事を工夫するなどして、血液の状態を正常化することで慢性的な高血圧を回避できます。

塩分の濃い食生活は血液をドロドロ状態にするので、血行が滞りやすくなります。

塩分を少なくして食味を整えるには、出汁や酢を代用することでかなり補えます。

味噌汁などつゆものは塩分濃度を下げると物足りないと感じることがあります。その場合には、ゴボウやきのこ類などうまみの多い野菜を多用するとよいでしょう。

また、リンゴやグレープフルーツなどには血圧を下げる働きをするカリウムが豊富に含まれています。

食生活以外では、アルコールや喫煙の習慣があると高血圧のリスクが高くなります。

飲む量や回数を減らしたり、禁煙するか本数を減らすことで血圧を下げる効果が期待できます。

運動不足の生活も慢性的な高血圧の原因となります。

定期的に有酸素運動をするように心がけることで、新陳代謝がアップし血行が促進されて体内に蓄積した余分な脂肪を燃焼させることができます。

血圧も体重も下がりやすい環境を整えることができます。

もうひとつ、睡眠も高血圧対策には大切です。

できれば体の細胞が活性化されやすい22時から2時の間には熟睡状態にあると、血圧を下げる効果を得やすいです。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事