高血圧、コレステロール、血糖値は生活習慣が影響

 - 症状

悪い生活習慣が原因で引き起こされる生活習慣病とは、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病です。

看護師

高血圧や高コレステロール血症、血糖値の高い状態が続く糖尿病は全て関連性があると言えます。

適切な対策をとらないと症状がどんどん悪化して、心疾患や脳卒中を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

血糖値が高い状態が続くのも、コレステロール値が高いことも、高血圧なのも全て最初のうちは自覚症状が見られません。

自分の体がどういう状態であるのかを定期的に把握する健康診断を受けることが重要になってきます。

早いうちに高血圧や血糖値の高さ、コレステロール値の高さを知ることができれば、重症化する前に改善することが可能になるからです。

健康診断の結果が必ず送付されてくると思いますので、それを見て自分の体の状態を把握しましょう。

高血圧、血糖値の高さ、コレステロール値の高さに問題があれば改善策を取る必要があります。

もしも高血圧、血糖値、コレステロール値がかなり高いと診断された場合、医師による治療をすすめられることがあります。

生活習慣病の改善には生活習慣を変えることが一番の策になります。

医師に受診した場合も併せて生活習慣を改善することが求められるでしょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事