高血圧※朝の血圧は低い?高い?

 -

血圧は季節でも変わってきますし、1日のうちでも低い時間帯と高い時間帯があります。

一般的には朝の起床の前後から徐々に血圧が上がっていって、夕方には血圧の高さがピークに到達し、眠った後の深夜3時頃に最も血圧が低い状態になるでしょう。

高血圧の人は全体的に血圧が高いものの、基本的な血圧の動きは正常な人とそう変わりません。

しかし、朝に血圧が最も高くなる早朝高血圧の症状があると、脳卒中などを起こしやすく非常に危険です。

女性

高血圧の人は血圧が正常な人に比べると病気のリスクが高まるものの、朝に血圧が低いという状態なら医師の指示に従うなどして治療を続ければよいでしょう。

問題は朝に血圧が高い人であり、こちらは食生活などで改善させるのも難しいので非常に厄介です。

ストレスについては対処も難しく、朝の低い気温についても暖房でどうにかするぐらいしか対策法はありません。

閉塞性無呼吸症候群と呼ばれる、睡眠中に呼吸が止まる症状が早朝高血圧の原因のケースもありますが、やはり治療は一筋縄ではいきません。

しかし、それでも早朝高血圧であることに気づかないでいると、何も対策をしないまま過ごして重大な症状を引き起こしてしまいますので、朝の血圧が低いか高いかのチェックは健康的に生きる上で必須です。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事