高血圧の人は朝に強い?

 -

高血圧の人は朝に強い、寝起きがよいとよく言われています。

これについては高血圧であっても寝起きが悪く、朝に強いわけではない人もいるので正確ではありません。

ポイント 女性

朝に強いかどうかはモチベーションや性格、前日の夜の過ごし方も影響してくるので高血圧かどうかはあまり関係ないのですが、それでも高血圧の人の場合は体の調子が上がりやすいのは事実です。

低血圧の人に朝が弱い人が多いと言われているのは、血液の流れがあまりよくないので体の隅々まで血液が行き渡りにくいことと関係しているでしょう。

逆に高血圧の人の場合は血液の流れ自体はよく、脳や内臓の方が活発に働くので朝に強い傾向にあります。

もっとも、よいことばかりではなく、高血圧の人は血圧を下げる力が働きづらいので朝に脳卒中などを発症しやすいという危険性が高いのが特徴です。

朝に血圧が高くなるのは低血圧の人も高血圧の人も変わらないのですが、血圧が正常な人は血管を広げて血圧を下げているので問題に発展するケースはあまりありません。

高血圧の人はこの血圧を下げるという機能があまり働きませんので、朝に強い人であっても急に動いたりしない方がよいでしょう。

寝起きに問題がある人も含めて、高血圧ならゆっくりと朝の時間帯を過ごすのがベストです。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事