高血圧@朝の散歩は?

 -

早朝に散歩をするのが趣味という人は多くいます。

特に、犬などを飼っている人の場合は散歩に連れて行く必要がありますので、朝にペットを連れて散歩する人も珍しくはありません。

散歩はウォーキングとは異なっており自由に歩くものなので、負担がかかるようならゆっくり歩けばよいでしょう。

そのため、高血圧の人が体を動かす場合、あまり運動をしていないならウォーキングより気軽にできる散歩が向いています。

女性

負担が少ない散歩であっても血圧は一時的に上がりますので、高血圧の傾向がある人は注意が必要です。

特に、朝は血圧が上がりやすい状態であり、先に書いたようなペットの散歩の場合はペットの動きによっては急ぎ足になって危険なケースもあります。

もっとも、高血圧でも上が140や150程度の人の場合は散歩で危険な状態に陥ることは少ないので、あまり気にする必要はありません。

ただし、冬の朝に関しては非常に寒く、その影響で血圧が上がりやすい状態になるので他の時期と比べると高血圧の人にとって相当に危険です。

また、体は寝起きの直後が最も血圧が上がりやすいので、冬の朝が最も注意が必要な時期と言えるでしょう。

散歩は体を動かして高血圧を改善させる効果もあるので積極的にしておきたいのですが、血圧が上がりやすい環境では避けた方がよい場合もあります。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事