高血圧※朝のウォーキングは?

 -

ウォーキングは歩くスピードを自分で調節できます。

そのため、運動に慣れていないならゆっくり、慣れているなら早足に近い感じでと調節できるのが魅力です。

ウォーキングは有酸素運動なので高血圧気味の人が血圧を改善させる場合に向いています。

ウォーキング 散歩

それでも、ウォーキングによって若干ではありますが血圧は上昇しますので、高血圧の人の場合は注意しないといけません。

最も気をつける必要があるのが朝のウォーキングであり、自律神経など様々な原因により朝は血圧が上がりやすい状態です。

目が覚める直前や目が覚めてからは交感神経が活発に働いているので血圧が高い傾向にあり、脳卒中が午前中に起こりやすいことと関係しているでしょう。

また、冬の朝は外気温が低いことから家の中との寒暖差によりさらに血圧が上がりやすく、リスクが高まります。

血圧が平均的な人であっても冬の朝のウォーキングは注意した方がよいのですから、高血圧の人ならなおさらです。

朝に限らず、高血圧の人の場合は運動の前に血圧を測っておいて、高い状態なら運動を避けるなどの対策を取るとよいでしょう。

食後の運動は血糖値を下げる効果もあるので、落ち着いてからウォーキングをすれば健康的に高血圧を改善させられます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事