高血圧と糖尿病を併発!そのリスクは?

 - 症状

高血圧や糖尿病は現代人においては身近な生活習慣病となっています。

しかし、高血圧と糖尿病を同時に患ってしまうと、他の症状が重い病気にもかかるリスクが高まってしまうため、注意が必要です。

看護師

高血圧に糖尿病が加わってしまうと、脳血管障害にかかってしまう恐れがあります。

高血圧になると、血管にかかる圧力が過剰に高くなってしまい、血管に大きなダメージを与えてしまいます。

そのまま放置してしまうと、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの命にかかわる病気を引き起こすリスクが高まってしまうのです。

高血圧による頭痛※脳疾患と関係している?

血圧は年齢とともに上がっていく傾向があるため、今健康な方でも高血圧になってしまうリスクは大いにあります。

また、若い人でも油断は禁物です。

年齢は若くても、普段の生活の乱れから、知らず知らずのうちに血管に負担がかかり、高血圧を引き起こしている場合もあるのです。

また、糖尿病などの疾患をすでに患っている方は現在高血圧でなくても、そういったリスクがあるということを常に自覚しておくことが大切になります。

糖尿病と高血圧を併発するリスクを避けるためには、日ごろから血圧の値を把握しておくことが有効です。

病院だけでなく、自宅でも正しい数値を毎日測り、現在の血圧の値を知ることが一番の予防になります。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事