ストレスと糖尿病・高血圧の関係

 - 症状

今の世の中はストレス社会と言われるほどですが、このストレスは、高血圧や糖尿病に大きな影響を与えています。

高血圧の場合ストレスがかかると、自律神経を刺激し、交感神経が活性化します。

このため大量のアドレナリンが分泌されて、神経は常に興奮した状態になります。これが高血圧の原因になります。

この神経の興奮が常にあることで、高血圧になってしまうことがあるのです。

男性 めまい 頭痛

糖尿病の場合、ストレスがかかると、アドレナリンの他に、コルチゾールというホルモンが関係して、血糖値を上昇させます。

これらのホルモンが分泌されると、普通の状態だとインスリンが血糖値を下げるのですが、インスリンの効きも悪くしてしまいます。

慢性的にストレスを受ける状態が続いてしまうと、この状態が常に続くので、糖尿病になりやすくなります。

こういった体の中での変化の他にも、糖尿病や高血圧になる要因はあります。

ストレスを解消するために暴飲暴食が続いてしまったり、ストレスがひどく、外に出て運動もできないといった、生活習慣の乱れにもつながっています。

糖尿病も高血圧も、ストレスを上手に発散していくことで影響を防ぐことができます。

自分がどのようにストレスと向き合ってきたか、ストレスの少ない時に考えてみるといいでしょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事