高血圧を防ぐ運動と水分量

 - 運動

高血圧を防ぐ為には毎日の適度な有酸素運動を欠かさないことが前提ですが、水分補給はどのようにすれば良いのでしょうか。

運動を始める前にまず適度な水分補給の効果的な取り方を把握することも大事です。

有酸素運動をすると自然と汗が出て喉が渇き、飲み物を補給しなければ脱水症状を起こし1日に必要な運動ができくなってしまいます。

1日に2リットルの水を摂取するのが良いとされています。

水

これぐらいなら問題ありませんが、高血圧の方の場合、水分の過剰摂取は逆効果になる恐れがあります。

高血圧障害の場合、過剰摂取すると心臓や肝臓に負担がかかる恐れがあり、さらに血糖値が高めな方はコレステロール値が高く生活習慣病を他にも患っているケースがあります。

過剰な補給は肝臓に水がたまってむくみや肝臓病の併発を招きます。

高血圧だけでなく糖尿病を患っている方は特に注意が必要で、新陳代謝が良く、汗をしっかりかく健康体質であれば問題ないかもしれませんが、むやみに水分を摂りすぎないことも症状を防ぐ予防策の一つです。

食事中の摂取はなるべく避け、食事前に必要分を摂取し栄養分の吸収を妨げないなど、ほかにも気を付けることはあります。

冷水にこだわらず吸収しやすい白湯に変えてみたり、コレステロール値を下げるとされているカテキン入りの飲料を摂取するよう工夫してみるのも効果的です。

有酸素運動と適量の水分補給を行い、高血圧を改善していくことが体でつです。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事