毎日の運動で高血圧が低下

 - 運動

高血圧の改善に有酸素運動を行うことは最も効果的です。

1日30分以上の有酸素運動は食生活と合わせて血圧の上昇を防ぐ効果があります。

血液の低下による低血圧を避けるケースとは異なり、高血圧は血圧の値を低下させ平常値の範囲に戻すことにあります。

一時的に戻すのではなく平常値が持続することが血圧の上昇を防ぐ予防法です。

過激かつ急な運動で心臓、肺、血液に負担をかけ、心臓発作や脳卒中を起こさないように気を付けながら適度なウォーキング、もしくは水中でのウォーキングなどをできれば毎日取り組むことが理想的です。

ウォーキング 散歩

健康の基本は血液の循環にあり、血液の循環を良くするためには肺活量を上げ、免疫力や体内の各機能が回復することが重要です。

生活習慣病で体内にコレステロールがたまりやすい人は特にこの部分が大事です。

体質改善を急に始めることに抵抗がある方は、まず1日30分以上のウォーキングが適しています。

高血圧対策の運動※ウォーキングの仕方

体に負担をかけずに血液を徐々に低下させ、さらに心臓や肺が鍛えられ有酸素運動を毎日の習慣にすることによって効果を発揮します。

生活習慣を意識しているにもかかわらず、血液が低下せず高血圧の傾向がある人は慢性的な体質による方がいらっしゃいます。

加えて、年齢と共に生活習慣病の方が増える傾向にあります。

長年のアルコールや油分の摂取、濃いめの味付けの食事などを続けて、気づいたとき既に高血圧な体質ができあがってしまった方は大勢いらっしゃいます。

長年の体質によるものだと判断せず、医師の適切な診断を受け基本の食事療法、毎日の運動、医師に処方される体質に合った薬物治療を検討しましょう。

1日もはやく高血圧を低下させることが併発する成人病や生活習慣病を防ぐことにつながります。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事