高血圧と震えの症状

 - 症状

手の震えや痺れが現れる病気は色々ありますが、高血圧の症状にもあります。

小さなサインでも高血圧の動脈硬化から心筋梗塞や狭心症、脳梗塞など大きな病気に繋がる危険性があるので注意が必要です。

手足の震えや痺れなど一過性虚血発作では一旦収まることもあるので見落とされがちです。

どちらか一方の手や足の不調と同時によだれがこぼれるなどの症状もあったら、脳梗塞の予兆かもしれません。

脳梗塞は、軽いもので病院に行くのが早ければ治療も簡単で、6時間以内なら薬だけの通院も可能です。

6時間を越したら一週間は点滴治療になりますし、症状が重篤なら治療も長引きます。

高血圧で手や足の震えや感覚麻痺に言語障害や視力の異常などが加わったら一分でも早く病院に行くことをお勧めします。

看護師

自律神経の失調やホルモンの過不足でも、震えの症状が出ることがあります。

高血圧の症状には震えや痺れだけでなく、めまい、耳鳴り、動悸、頭痛、目の充血、鼻血、不眠など多様な症状があります。

症状はこれだけあるものの、高血圧になる原因は実に80パーセント以上が不明です。

体質的なものから、生活習慣や食事内容、ストレスまで、原因と考えられるものは幅広くあります。

複合的な要因でなることが多く、どれが原因とは断定しにくいのです。

なので、高血圧は薬での治療だけでなく、環境や習慣を見直すことも大切になってきます。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事