高血圧の症状改善には運動療法

 - 症状

高血圧の予防や改善には運動療法が効果的と言われていますが運動をすると、一時血圧は上がります。

しかし、普段運動をする方と比べて、運動をしない方のほうが高血圧にはなりやすいのです。

筋肉に酸素や栄養を運ぶため血管が拡がったり、血圧を上げる交感神経の緊張が緩和されたりして血圧は下がります。

そしてするのは酸素を十分に取り入れることができる有酸素運動が効果的です。

ウォーキングやジョギング、体操、サイクリング、水泳などです。

ウォーキング 散歩

それら有酸素運動を1週間に3回以上、30分は行えば高血圧改善の効果に期待ができます。

腕立て伏せなどの筋トレは瞬間的に血圧の上がる無酸素運動であるため控えておいたほうがよいでしょう。

また重症の高血圧である方はいきなり運動をしてはいけません。まずは主治医に相談しましょう。

運動をするにあたってのポイントは、運動前後には必ず水分補給をすること。

喉の渇きを感じたら我慢せず、そして飲むのはミネラルウォーターにしましょう。

なにより無理は禁物です。

動悸の症状、めまいや吐き気の症状、胸痛や胸が苦しいなどの症状、激しい息切れの症状、冷や汗や顔色が悪くなるなどの症状が出たらすぐに運動を中止しましょう。

無理なく、気持ちよく汗をかく程度のペースの運動で高血圧を改善していきましょう。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事