高血圧※運動する際のリスクとは?

 - 運動

高血圧の治療法として自分で簡単に取り組める事に運動が挙げられます。

運動する事により、肥満体形の予防・改善もできますので、高血圧だけでなく他の生活習慣病へのリスクも下げられます。

しかし、この運動は高血圧への正しい知識を持って取り組まないと逆に大変なリスクを伴います。

自宅で簡単に取り組める事で、腹筋や腕立て伏せ等が挙げられます。

たるんだお腹を引き締める為にも効果的です。

しかしこれらの運動は、一瞬に息を止めて力を入れるという無酸素状態を身体にもたらします。

この一瞬の力を入れた状態が血管に多大なる負荷を与えます。高血圧によって、動脈硬化を起こしている血管に大きな力がかかります。

これは想像するだけでも大変なリスクを伴う事が分かります。

そのようなリスクを負わない様に高血圧の治療法としては有酸素運動が推奨されます。

例としてはウォーキング・ジョギングや水泳等です。

ウォーキング 散歩

しかし、これらの運動も息が上がるほどの状態になってしまうと、無酸素と同じ様な負荷がかかってしまします。

せっかくの運動で逆にリスクを上げないように適度を心がけることが重要です。

ちなみに運動の適度の基準としては、普通に話しながらこなせる程度です。

特に体が運動に慣れていない最初はゆっくりとしたペースを保つ事が血管へのリスクを下げ、高血圧に効果をもたらします。


■高血圧を改善!
無理なく血圧を下げる方法

スポンサーリンク

  関連記事